Top >  産み分けの基礎知識 >  女の子と男の子の産み分けとは

女の子と男の子の産み分けとは

女の子と男の子の産み分けは、
生まれてくる赤ちゃんの性別を選ぶということです。


女の子と男の子の産み分け法には、
 ・合理的な根拠のない民間の療法
 ・科学的な根拠に基づいた方法
などいろいろあります。


成功する大切なポイントは、排卵日を知ることです。
排卵日を知るには、基礎体温を継続して測定することです。
基礎体温とは、朝起きて活動を開始していない状態の体温です。


成熟した健康の女性は、体温は少しずつ上下しています。
2ヶ月~3ヶ月間に体温を記入していくことにより、
排卵日を推測することが可能になります。
※ 1目盛りが0.05度の婦人体温計を使ってください。


以下の時期に性交をすることが、成功のポイントです。
 ・男の子が欲しいのなら排卵日
 ・女の子が欲しいのなら排卵日の2日前


精子にはX精子とY精子の2種類があります。
 ・男の子はY精子(アルカリ性に強い)
 ・女の子をつくるのはX精子(酸性に強い)
※ 女性の膣は普通は酸性ですが、排卵日はアルカリ性が強くなります。

         

産み分けの基礎知識

産み分けの基礎知識を紹介しています。確立、避妊、診察、赤ちゃんの性別についてです。

関連エントリー

女の子と男の子の産み分けとは お腹の赤ちゃんの性別が分かる時期は? 産み分けを病院で指導を受けたい