Vライン(ビキニライン)形の脱毛処理方法Top >  レーザー脱毛 >  医療レーザー脱毛法の特徴

医療レーザー脱毛法の特徴

永久脱毛と言えば、医療機関による医療レーザーを使ったレーザー脱毛です。
「レーザー」を肌に当てるのをイメージすると、ちょっと怖い感じがしますが、永久脱毛に使用する医療レーザーは以下のような特徴を持つもので危険なものではありません。

医療レーザーとは、毛に含まれる「メラニン」という色素にだけ反応するレーザー波のことです。
レーザー脱毛とは、この性質を利用して、皮膚やその周辺組織を傷つけることなく毛根のみを破壊するものです。
毛は、成長期と退行期を繰り返しています。
その成長期にレーザーを当てることで、再び生えてくるのを抑制する効果が出ますので、退行期にレーザーを当てても脱毛効果はありません。

このレーザーには、2つの種類のものがあります。
その1つは、ダイオードレーザーです。
ダイオードとは、コンピューター関係に強い人はわかると思いますが、半導体を意味する単語です。
ダイオードレーザーの特徴には、以下のようなものがあります。
・日本人の肌質や髪質に合っている
・照射範囲が大きいため、一度に広範囲の処置が可能
・出力の調節で脱毛効果の出難い部位でも効果が期待できる

肌の色(色白・色黒)や肌質、毛の質(太さや色あい)などを考慮して、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーのどちらか、もしくは両方を使って処置が行われます。
この両方を使い分けることによって、ほとんどの人に対して同様の脱毛効果が表れます。
永久脱毛に至るまで個人差がありますが、大体6~7回の治療が必要になるようです。
ただし、男性のヒゲだけは別で、10回前後の治療が必要です。

関連エントリー

Vライン(ビキニライン)形の脱毛処理方法Top >  レーザー脱毛 >  医療レーザー脱毛法の特徴